​「イマドキ、DMなんて?」

買い物はインターネットで十分完結できるようになりました。
そんな時代にわざわざダイレクトメールを送り、リアル店舗に誘導するなんて時代遅れだと考えるなら、ちょっと考えてみて欲しいのです。

あなたは友人と飲みに行くことはありませんか?
腰痛がひどいからと整体に行くことはありませんか?
もっと困るのは、突然、蛇口が壊れたりトイレの水が止まらなくなった時など。
今でも実生活の多くはリアル店舗との接点でなりたっています。

 

「リアル店舗を探す時でさえインターネットでしょ?」
その通りです。
でも、インターネットの検索で選ばれる店はクチコミ評価が高い店や、広告費用をかけて検索上位に来る店ばかりです。
しかも、検索されるタイミングは「必要だと思った時」のみ。必要な時以外は忘れ去られているお店ばかりです。

もし、あなたのお店がインターネット検索で競合店に勝てず、検索で上位表示されていなら、ダイレクトメール販促こそが有効な手段かも知れません。
うまくダイレクトメール販促を活用すれば、お客さんの気持ちをぐっと引き寄せられます。
 

​ダイレクトメールの開封率は意外と高い?

​ある調査によれば、DMの開封率は61%だそうです。
どうですか?意外と高い割合で驚かれたのではないでしょうか。

DMに自分の名前が書かれている場合はさらに開封率は高く、約74%の人が開封すると答えています。

つまり、DMはお客さんに直接情報を伝えられる有効な手段なのです。

でも、DMを開封するだけでは不十分です。開封後、顧客にアクションを起こしてもらうことが目的ですから、そこまで計算されたDMが上手なDMと言えるでしょう。
 

​ダイレクトメールからのアクションを起こす!

DMからのアクションを起こしやすくするために必要なことがあります。
大事なのは、お客さんは忙しいということです。

《読みやすく作ろう!》
せっかく開封してもらっても、開くと小さな文字がビッシリ・・・
こんなDMでは読んでもらえません。お客さんはそんなに暇ではありません。

《分かりやすく作ろう!》
DMで料金体系や商材やサービスについて詳細な説明をする必要はありません。
大事なことは「もっと知りたい」「実際に行ってみたい」と感じてもらうことを優先します。

《オトクだと思えることが大事!》
忙しいお客さんは、いつもと同じサービス・同じ商品のために、わざわざ時間を割いてお店に行くことはありません。
​いつもとは違う、いつもよりお得、このタイミングで行かないとチャンスを失ってしまう、そう考えたときだけです。

効果の高いダイレクトメールをもっと安く、もっと手軽に

ダイレクトメールはうまく活用すれば効果の高い広告方法です。
そこで当社は、もっと気軽にダイレクトメール広告をつかっていただきたいと考えました。

当サービスはリーズナブルな価格と親切なアドバイスをモットーに、DMの企画から印刷、発送まで一貫してお受けしています。
どんな販促をしたいか担当者とお打合せをするだけ。期日にはエンドユーザーの手元に情報が届けられます。

DMの読みやすさ、分かりやすさは広告コピーやデザインのプロによる制作なので任せて安心。ダイレクトメール販促を初めて行う方には、DMの内容の他にもターゲットの絞り込み方やフック(アクションへのキッカケ)についてもアドバイスします。

株式会社アドリンク

​広島市中区上八丁堀7-1 ハイオス広島4F

Tel. 082-222-9412

Fax. 082-555-8971

受付時間:平日10:00~18:00

© 2017 AD:LINK